ヒゲを薄くするという化粧品を使ってみた

ヒゲ化粧品私が使用したことがあるのは、男性用雑誌に掲載してあった通販の化粧品です。
ローション形式で、その商品をヒゲが生えている部分に塗ることで、ヒゲに抑毛効果があるというものでした。
商品説明には配合されている成分がカタカナで書いてあり、その商品を使った購入者の体験談も書かれていました。
毎日繰り返し使うことで、徐々にヒゲが薄くなったというようなことが書かれていたと思います。
この手の商品は一本が数千円で、青ヒゲに悩む私のような人間にとっては、多少でも効果があればいいかなと思わせる価格設定になっています。
ちょっと使ってみて、ダメならあきらめようというような気持ちでした。
私は1本の価格で2本買えるというキャンペーンで購入。
結果ですが、結論から言うと何も変わりませんでした。
私の体質には合わなかったのかもしれませんし、2本使ったぐらいで判断するのは違うのかもしれませんが、このまま効果が出るまで使い続ける気にはなれませんでした。

また、マスキング目的のこういうファンデーションもありますが、私は使ったことがありません。
日常生活でこの手のメイク商品を使用したことがないのが大きな理由です。
青ヒゲの部分に塗っても、塗っていない部分との色の差が不自然にはならないのでしょうか?
周りの人にファンデーションを塗っているのが分かってしまったら、と考えると私には使う勇気がありません。

過度な期待は禁物。

サンプルイメージその後、抑毛に豆乳ローションが流行りましたが、ドラッグストアで見かけて安かったので、懲りもせずに購入しました。
この豆乳ローションはアフターシェイブとしては私に合っていたので、そのまま数本使い続けましたが、やはり毛に関しては何も変わりません。
説明書には、大豆に含まれているイソフラボンが女性ホルモンに似た働きを持っていて、その効果で云々・・・というようなことが書いてありましたが、実際はどうなんでしょう。
その商品はその後、ドラッグストアでも販売されなくなったので、あまり売れかったのかもしれません。
似たような商品は今でもいろいろありますが、冷静に考えてみると、医薬品でもない化粧品の成分が毛穴から浸透して、毛根組織にダメージを与えることってありえないような気がします。
本当のところはどうなんでしょう。
一応使用はしてみて、私は個人的には?というのが感想です。

ただ、男性エステで髭脱毛をやった時には、脱毛処理後(フラッシュ照射後)は肌が乾燥気味になったので、脱毛後の保湿系のローションとして使う分にはいいのかもしれません。(私の担当のエステティシャンの方は、ドラッグストアで売っている普通の安いスキンローションで十分だと言っていました。)

余談ですが私自身もひげ脱毛に限らす、化粧品の効果にはあまり期待はしていません。
特に男性はニキビという問題があります。
過度にスキンケア化粧品を使ったりすると、皮脂の分泌がスムースにいかなくなり、皮脂が毛穴に詰まってニキビの原因になります。
私も以前は冬の乾燥時に乳液を使用したりしていましたが、肌のケアは油分と水分のバランスを考えたケアをしないとニキビが出来やすくなるという内容の本を読んでから、肌の乾燥対策は水分補給を中心にして、簡単なスキンローションだけにしてからは、大分ニキビが減りました。
ひげの濃い男性は男性ホルモンが強いのでしょうか、何故かニキビも出来やすい傾向にあるような気がします。
肌のケアに化粧品を積極的に使う男性もいるとは思いますが、使い方や使用する商品によってはマイナス効果の場合もあると思われ、私は足りないものの補給程度にしています。

Copyright(c) 2011 oddtimerecords.com All Rights Reserved.