濃いヒゲの対策は容易じゃない

青ヒゲのイメージ

アイキャッチ画像

もうこれに関しては今更・・という気がします。
青ヒゲ時代が長かった私としては、何故、泥棒のキャラクターは青ヒゲが多いんだ!と怒りすら感じます。
周りの人はよくヒゲのことを、冗談でイジッテくることがありますが、こちらはもうウンザリしているわけです。

経験のある人もいるかと思いますが、姉の娘が書いてくれた私の似顔絵は、顔の下半分が青くなっていました。
絵を描くために私の顔を思い浮かべたら、青ヒゲが浮かんできたのでしょう。
子供のイメージなので、決してネガティブに捉えてはいませんが、苦笑してしまいました。
自分以外の青ヒゲの人を客観的に見ると、清潔感が感じられないし、爽やかなイメージとはかけ離れた感があります。
私も他人からは同じように見えていたのでしょう。
やはり、あまり良いイメージはないと考えたほうが良いと思います。

小泉兄弟における青髭の考察

2012年12月のの衆議院選挙で、小泉進次郎氏がTVに出演する機会が増えました。
兄の孝太郎と並び、この兄弟はなかなかのイケメンです。
ただ、進次郎氏は軽めではありますが、青ひげのカテゴリーに分類されると思います。
私の周りの女性の声では、タレントの孝太郎氏の方が人気があります。
その理由は「イメージが爽やか」ということらしいです。
そして小泉進次郎氏の方は「口の周りが青いのがちょっと不潔っぽい」といことになるらしいです。


兄弟なので顔も似ているし、ジャンルは違いますが、双方その人気があります。
まあ、青髭で悩んでいる人はあのレベルではない人の方が多いとは思いますが、
あのちょっとの範囲のヒゲが濃いだけで、イメージはかなり左右されるようです。


小泉氏の地元は横須賀です。
テレビで見る度に、ヒゲ脱毛をすればいいのに、なんて思ってしまいます。
私も用事でよく横須賀に行きますが、人口に比較して脱毛施設が少ないんですよね。
横須賀の人は横浜まで行く人も多いみたいです。
横浜のひげ脱毛をやっているエステやクリニックは多いので、そうなってしまうのかもしれません。


Copyright(c) 2012  oddtimerecords.com All Rights Reserved.